肩こり、偏頭痛、頚椎症、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎狭窄症について

Pocket

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こり、偏頭痛、頚椎症、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎狭窄症でお困りの方は

写真の赤丸の部分

4番上の3番 右

3番上の2番 左

2番上の1番 右

にひっかかりがあります。

断言します。

治療ではありません。ひっかかりをとる施術です。

 

このひっかかりをとるためには指先を鋭くし、関節の調整をする必要があります。

下を固定して、上をずらす。

もしくは、上を固定して下をずらす。

ペットボトルの蓋で例えるとボトル本体を固定して蓋を空けるようなことです。

当院では頸椎に関してだけではないのですが、

うつ伏せ、横向き、仰向け、座位、計4回の頸椎調整を行います。

腰痛で来院された方も、ここにきたら首が一番軽くなったという方もいます。

 

右肩痛で来院された40代女性

最初は四十肩と思って来院されました。

が、よくよく検査をすると、頸椎の不具合で右上肢帯に痛みが起きていました。

丁寧に首、背中、骨盤、の調整をすると、

「あっ 肩が挙がる☻」「うれしいです」

整形外科での治療では改善なかった症状が大幅に軽減されました。

「また来ます」

と言って喜んで帰っていかれました。

 

ママさんバレーを頑張る30代女性

週に2~3回 バレーの試合をこなす30代女性が来院されました。

症状は大腿四頭筋、頸部、左肩甲骨付近の痛みでした。

近くの温泉施設で温泉に入った後にマッサージを受けようか迷ったあげく、

当院の調整を選んでいただけました。

全身の関節、筋肉、経絡、神経筋の調整で

「マッサージを選ばなくてよかったです。首がめちゃくちゃ軽くなりました。」

「明日の試合も頑張ります。」

と喜んで笑顔で帰っていかれました。

 

固い土とふかふかの土 どちらから理想の芽が芽生えるでしょうか?

 

 

当院では固くなった筋肉をふかふかの状態に戻すことができます。

なぜなら

 

このスプーンのように固い物質でも通過する指を作り上げたことにあります。

整体の世界に入って17年という年月を経て、

ついに手に入れました。

私が骨を触ろうとする際にイメージすることは

カップアイスを溶かすように突き刺す写真のようなスプーンです。

患者さんとの呼吸を合わせてタイミングよく骨に触れます。

もちろん、服、皮膚、脂肪、筋肉の上からですので直接ではありませんが、

イメージの世界では直接骨を触っています。

私の技術を信じて一度、関節ニュートラル整体を受けてみませんか?

 

 

勉強をしたくても下を向くと頭痛が起きてしまう剣道大好き中一男の子が3回の調整で劇的に改善された例

病院の治療、投薬ではまったく効果が無かった中

土曜、日曜、月曜と3日連続で来院

一回目の施術後はちょっとよくなった気がする。

との程度でしたが、言葉とは裏腹に家に帰って塾に行ってもなんともなかったそうです。

2回目の施術後は頭のもやもや感も薄れていることを実感。

3回目の施術後は前屈+-0-センチだった距離も+10センチまで改善。

本人はもとより息子、孫のことで悩んでいた親、おばあちゃんも喜んでいただけました。

近くの整骨院では悪化させられ、病院では問題無しといわれ 路頭に迷っていた状態でしたが何とか救うことができました。

関節ニュートラル整体ここにあり。です。

 

熊本市東区から来院の腰痛、肩こり、偏頭痛、背部痛でお困りの30代女性

20歳の時に車対自転車で事故を起こしてしまい、それ以来全身の痛みに悩まされていました。

この方を紹介していただいた方は「ここの先生はまじゴッドハンドだけん。って紹介してます」

と言ってくださる方です。

私は決してゴッドハンドではありません。

治す事が出来ない方に対していつも無力感を感じている小心者のびびりの整体師です。

ですが、どうすれば根本からの改善ができるのかは常に考えています。

話は戻りますが、

今回来院された30代女性。前屈が-30センチスタート 伸展も痛みがありほぼ反る事が出来ませんでした。

全身の検査をすると、思った通り 頸椎に弾力消失、ねじれ、こじれが大きく出ていました。

丁寧な説明とソフトな施術を心掛けました。

施術後 劇的な変化は見られませんでしたが、3回は通ってみようかと思います。

と言っていただけました。

一回で治します。 なんて 軽々しく伝えることはできませんが、やるべきことは全身全霊で行います。

 

上記の方からのご紹介

熊本市東区から来院された腰痛分離すべり症と診断され、偏頭痛にも悩んでいる30代ママさん

この方も小学生の時に自転車 対 自動車 事故を起こされていました。

週末だけの出勤ではありますが、仕事が終わると お尻から ふくらはぎ にかけて痛みがあり

年に1~2回 寝込んでしまうという日があるとの事。

前屈検査は+5センチ でしたが、後屈時に痛み 左側屈でも痛みを感じていました。

腰椎分離すべり症の方はどうしても後屈しすぎると痛みを感じます。

時には急性痛、ぎっくり腰のように急激な痛みを伴うこともあります。

全身の検査をすると、胸椎、頸椎に弾力が消失していました。

これが、偏頭痛の原因でもありました。

施術後は

「あっ 反っても痛くない」

と、喜びの声と 次の予約を取っていただけました。

 

娘さんからの紹介で菊池市から来院された右肩痛でお悩みの60代女性

洗濯物を干したり、台所で上の物を取ろうとすると右肩に激痛が走ってしまう症状でした。

若い時にバスケをやっていて膝の痛みも抱えていました。

本日で3回目の来院でした。

過去の1、2回で肩そのものが痛みの原因ではない事が明確になりました。

この方は30代の時に車による大事故を起こされてむちうちされていました。

おそらく、それらが原因で頸椎に不具合があり、右肩に痛みがあったようです。

ですから、首を反る動き(洗濯物や台所の高いものをとる動き)で肩に痛みが出ていたのです。

3回の調整で以前からあった膝の痛みはほぼ消失。

右肩、首の痛み、違和感も5~6割はとれたそうです。

時間が薬という状況にもなった事を説明しました。

気長に整体受けていきます。だそうです。

焦らずに今を受け入れる。

これもまた、治療のひとつです。

喜びの輪が広がる。 何よりの幸せです。

 

 

ご予約 お問い合わせはこちら

LINE@からもご予約いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

過去のブログ一覧です。

令和初の9月は休まず営業しました。

今年の8月は冷夏というより雨、雨、雨でした。

7月は新規の患者さん20名越え ありがたいです。

6月は暑い日もあれば、大雨もあり 変わった症状の方が多くお見えになりました。

5月は10連休もあり、長ーい 1か月でした。

四月は出張整体頑張りました。

2019年3月の休日は2日間!! 頑張りました。

2019年 2月は 新規20名 ありがたいです。

2019年 のスタート1月は なんと新規の方 23名

2018年12月ラストは怒涛の患者さんラッシュでした。

2018年11月も多くの方に喜びを与え続けました。

2018年10月も重症な患者さんが多くみえました

 

 

 

By