ヘルニア、ぎっくり腰について

Pocket

 

 

 

背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。

椎間板の中にある髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

神経が圧迫されることにより腰痛、脚の痛みやしびれ、ひどい場合には感覚がなくなってしまって、

足が動かせなくなってしまうこともあります。

 

頸椎椎間板ヘルニア および

腰椎椎間板ヘルニア の特徴としまして、

前屈(前に屈む動き)に制限、痛み、神経痛を伴います。

長時間椅子に座っていると下肢の痛みを伴うこともあります。

 

逆に、後屈(後ろに反る動き)に制限、痛み、下肢のしびれ、歩行困難をともなうのが

脊柱管狭窄症です。手術しても完治率は2割ともいわれています。

 

どちらの症状も完治するのに短くて3か月長くて6か月の時間がかかります。

あまり知られていないですが、患部の炎症がとれる時間であってヘルニアそのものは変わっていないのです。

ですので、いつ再発するかは誰にもわかりません。

しかし、間接ニュートラル整体を受けることで予防をすることは可能です。

 

全身に備わる関節のあそび、弾力をもとの状態に戻すことで椎間板ヘルニアは予防できます。

 

腰部筋膜炎、通称 ぎっくり腰

通常は1週間で治りますが、ひどい方は完治までに2週間かかります。

いつ発症するかはわかりません。

くしゃみをした後。

軽い物をもっただけ。

床掃除しただけ。

ほんのわずかな動作でも発症するのです。

なぜか?

わずかな負荷できっくり腰を起こす体になっていたのです。

関節ニュートラル整体を受ける事でぎっくり腰を予防することは出来ますが、

発症したぎっくり腰の痛みを治すことは出来ません。

しかし、2~3日経ってから関節ニュートラル整体を受ける事で痛みの6割~7割は治まります

10月30日、31日に連続してぎっくり腰の患者さんがお見えになりました。

お二人共に男性で、ぎっくり腰発症から3日が経過していました。

共通して、トイレに這いつくばって行っていた。腰が屈めない。靴下をはくなんてとんでもない

といった状態でしたが、

45分かけて全身の調整をしました。

熊本市中央区~お越しの40代男性の方は原因が左肩甲間部、左頸椎にありました。

熊本市東区からお越しの50代男性の方の原因は仙腸関節、腰仙関節のひっかかりにありました。

結果どうなったか?

お二人ともに口をそろえて「病院に行かなくてKUMAMOTO腰痛・肩こりケアセンターに来て良かった」

と言われました。

おひとりは平成町から もうおひとりは水前寺からの来院でした。

街中を通り抜け、西区花園まで来院いただいたことに感謝です。

 

11月中旬に熊本市中央区からお越しの40代男性、熊本市東区からお越しの30代男性 二人共にぎっくり腰でした。

 

40代男性の方は前日に階段でつまずいた際に腰をギクッとやって、寝返りをうつのも、起きて動くのもやっとの状態でした。

翌日の午後にやっぱり関節ニュートラル整体を受けておきたいとの事で、来院。

この方は以前から腰痛、肩こりに悩ませれている方で当院には何度も足を運んでいただいています。

が、新たな首の調整を加えたことで、「えっ 体前に曲がる!!」と腰の痛みもほぼゼロとなりました。

 

続けて来院された30代男性の方も2日前にぎっくり腰。

 

前回の調整から11か月が経っていました。

体の調子が良かった為に体のケアをおろそかにしてしまったのです。

趣味のキックボクシングは続けられていたそうです。

久々の調整の結果「まじで早くくればよかったです。今度からはケア、予防でもっと早めにきます」

と言って、颯爽と帰っていかれました。

By